横浜市青葉区大人のピアノ教室 あおばピアノの部屋ブログ

コンサートを終えて

先週土曜日、コロナ禍での開催としては3回目のコンサートを
無事に終えることができました。

マスクと手指の消毒は前回同様欠かせませんが
コロナも驚くほど落ち着いた状況で
秋らしい気持ちの良いお天気と、
いつも以上に大勢のお客様に恵まれ、
一年のしめくくりにふさわしい充実したイベントとなりました。

2021年11月20日Joyful Concert

毎回のことではありますが、
今回は特にプログラムの順番を決めるのに頭を悩ませました。

大人のかたが好む曲調は
比較的ゆったりとしたテンポで、
穏やかなメロディーの叙情的なものが多いので
そのような曲が続いてしまうと、
それぞれの曲の良さが引き立ちません。

テンポの速い曲やダイナミックな曲など
曲調の違うものをバランスよく並べると
お互いが引き立つし
聴いているほうも飽きません。

でも今回は、参加者がいつもより少なめだったうえに
しっとり、ゆったり系の曲の割合が多く
いつもだったら「よし、これでOK!」と
納得のいく順番にたどり着けるのに
今回はいくら考えてもしっくりくるプログラムにたどり着けませんでした。

仕方なく「明日、もう一度考えよう」とあきらめて寝たら
おそろしい夢をみてしまいました。

皆さんの演奏を客席でいつものようにビデオ撮影しながら聞いている私。
ふと周りを見てみると……全員寝てる!
ステージで弾いているメンバーと私以外は、
みんな首を垂れて爆睡しているのです!

目覚めた時の気分は最悪でした。

結局「よし、これでOK!」とまで思えるプログラムには
たどり着けませんでしたが、
当日は皆さんの熱演のおかげで、睡魔も近寄れず
最後まで楽しんでいただけたと思います。

これは「ゆったり&しっとりした曲ばかり選ばないでよ!」
という愚痴ではありません。
でも、よく「緊張すると指がまわらないので速い曲は選ばない」とか
「間違えると目立つからフォルテの多い曲は選ばない」
という声を聞くのですが
それは間違った思い込みです!

速い曲でも、何度もレッスンをうけて
自分が上手に弾ける速さで仕上げるわけなので
本番でいつもどおりのテンポで弾きさえすれば
怖いことはありません。
ゆっくりの曲よりも、
勢いがついて弾きやすいということもあります。

緊張して指がいつもより動かしづらく感じるのは
ゆっくりの曲でも速い曲でも同じです。

フォルテが多い曲はミスが目立つというのも
私はそうは思いません。
弱い音で美しく奏でる場面でミスすれば
フォルテでミスした以上に目立ったりガッカリするでしょう。

コンサートで弾く曲を選ぶときに、
なるべく失敗しそうな要素の少ない曲をと思うのは
当たり前のことですが
今までコンサートで弾いてきた曲をふりかえってみて
同じ曲調が続いていたら、
次回はちょっと違うタイプの曲に
チャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

© 2021 Aoba Piano-no Heya