「あおば♪ピアノの部屋」

「無理なく長く楽しく、ピアノを一生の趣味として楽しむ」をモットーに、2000年に大人(社会人)専門の教室としてオープンしました。

個々の目的・目標・レベル・生活スタイルに合わせたカリキュラムで行う[マイペース型レッスン]で、ピアノの基礎をかためながら、クラシック、ポピュラーミュージック、映画音楽など、好きな曲を弾けるようにするおてつだいをします。
入門~音大卒まで全レベル対応

現在、20~80才代まで約40名のメンバーがいらっしゃいます。

 

大人の習い事、大切なのは「無理をしない」こと

仕事や家事、子育てや介護などで思うように練習の時間がとれない、体調がすぐれない、なんとなくピアノを弾く気分になれないなど、日々の生活のなかにはいろいろな波があります。人生をとおしてひとつの習い事を楽しみながら続けるためには、どのような時でも無理をしないということが大切です。

 

長く続けられる6つのポイント

1.自由のきくスケジュール

フリー予約制があるので、自分の都合、無理のないペースでレッスン日を決めることができます

2.好きな曲、弾きたい曲が自由に選べる

練習で苦労することがあっても、好きな曲が弾けるようになるためならば乗り越えられるものです。当教室では、基本的に選曲はご自身でしていただきます。特に弾きたい曲がないという場合は、レベルや個性、好みにあわせて曲の提案を致します。

3.テクニックに偏らず、表現力重視のレッスン

大人の場合、ピアノを弾くときの癖を直したり、新しいテクニックの習得には時間がかかります。技術を磨くことはもちろん大切ですが、そこにこだわりすぎると機械的な反復練習に陥りモチベーションが下がったり、最悪、手を痛めてしまうこともあります。
当教室では、今もっている技術を最大限に引き出しながら、表現で工夫してその人なりのベスト演奏に仕上げることを大切にしています。表現力が伸びると、自然と技術力もついてくるものです。

4.練習が十分できていなくてもOK!

「練習ができていないのにレッスンに行くのは申し訳ない。」と思うかたが多いですが、十分練習できるまでと思うとなかなか次のレッスンに行けなくなります。そして、そのあいだに間違った音を覚えてしまったり、徐々にモチベーションが下がってピアノから遠ざかるきっかけになってしまうことも。
当教室では、練習が十分にできていなくても気軽にレッスンに来て頂くようにしています。もちろん練習しなければ上達はしませんが、ポイントをお話ししながら一緒に練習することで、現状維持+α を目指します。練習ができていなくても、教室でできることはたくさんあります。

5.年に2回のコンサート開催(自由参加)

目標があり、一緒に楽しむ仲間がいると、練習のモチベーションもぐっと上がります。
当教室では、毎年2回、春と秋に希望者が集まってホールでコンサートを開き、日ごろの練習の成果を披露します。楽譜を見てもOK、間違ってもお互いさま!そんな和やかな雰囲気のとてもカジュアルな会です。コンサート後の打上げ会では、ホッとしたところでお互いの演奏についての感想など、楽しいおしゃべりのひとときを過ごします。
※自由参加ですので、「人前で弾くのは苦手」というかたは、レッスン受講のみで無理にコンサートに参加する必要はありません。

6.長い期間休んでも、いつでも気軽に再開OK!

いろいろな事情で練習ができなくなった時に、一旦教室から遠ざかってしまうと、ちょっとレッスンを受けてみたいと思ってもなかなか戻りづらく、結局ピアノを弾かなくなってしまうということになります。
当教室は、どれだけ長い期間お休みしても、メンバーがいつでも気軽に戻って来られる教室でありたいと思っています。実際、現在1~2年に1度のペースでいらっしゃるメンバーや、10年ぶりに戻っていらしたメンバーがいらっしゃいます。

 

Concert ギャラリー

毎年、春と秋に横浜市緑区民文化センター「みどりアートパーク」のホールで、そして2年に1度は更に規模も大きく本格的なクラシック専用ホール、青葉区民文化センター「フィリアホール」でコンサートを開催しています。

© 2021 Aoba Piano-no Heya